前彼とバイバイした後、性的な処理には困り果てるようになっていました。
別の人と、お付き合いをしたけれど、やっぱり肉体的な相性がダメ。
ワンナイトラブも経験したけれど、普通のセックスで、やっぱりダメ。
私、もう普通のセックスに戻ることなんかできないって、痛感してしまいました。
彼氏じゃなくてもいい、トシ君がやってくれたようなプレイをまたやってみたい。
この切望する気持ちは、日増しに強さを増して行く状態でした。
セフレというキーワードは、当たり前のように頭の中には浮かびます。
でも、見知らぬ人と関係を持つこと自体は、やっぱり不可能に近い。
とても怖いのです。
それでも、あの時のドキドキ感を味わってみたい。
その方法として、思いついたのがテレフォンセックスでした。
チャットオナニーで気分が盛り上がったら、ビデオ通話でセンズリ鑑賞させてもらうって、とても良い方法ではないか?
オナ指示も出してもらえたら、私もそれで興奮できます。
直接会って関係を持つわけではありませんから、オナ電ってとっても良い方法だと思いました。
もし良い人なら、セックスしたいっていう気持ちにもなるかもしれません。
当座しのぎとしても、テレセって方法は、とても良いと感じられました。

 

 真っ先に思いついたアイディアは、Twitterです。
裏垢女子になって、通話で私を責めてくれる人を見つける。
見せてくれる人を見つけ出す。
無料でユーザーも多いため、良い方法に違いないと思えたのでした。

 

 裏垢を作成しました。
そして、通話で気持ち良くなりたいことや、オナ見をしたいことをツイートしました。
冷やかしこそ多くあるものの、これはネットの特性でもあるため我慢をしました。
募集のツイートを続けて行くことで、手応えを感じることにもなりました。
見せることができると言ってくれた方が出てきたからです。
ただ気分を盛り上げるため、事前に私の裸の写メを見たいと言い出しました。