センズリ鑑賞って、初めて体験したときは衝撃的ですらありました。
それをしてくれたのは、前の彼氏です。
当時28歳のトシ君とのエッチは、それまでの彼氏との関係とは全く違ったものだったのです。
初めて、トシ君のセンズリ鑑賞を目の当たりにした時、顔が真っ赤になってしまうくらいに、恥ずかしい気持ちを覚えてしまいました。
男の人のオナニーなんて、見るのは初体験だったからです。
激しいまでに勢力が強まったオチンチンが目の前にあるだけでも、心臓バクバク。
それを私の目の前で、研ぎ澄ますかのように擦るんです。
とっても大きくて卑猥な形の肉棒を気持ちよさそうに…。
それを見ていたら、ふしだらな気分が大きくなっていきました。
私はセンズリ鑑賞をさせられて、今まで感じたことがないような淫らな気持ちに、次第に追い込まれていきます。
とっても恥ずかしい気分で、あそこからはエッチの汁が…。
センズリ鑑賞をさせつつ、私にもオナニーをしろって言い出しました。
この上なく自然に、自分のあそこを触りだしてしまった私。
トシ君もオナニー鑑賞して、もっと激しく興奮を始めてしまっているのがよく分りました。
2人して、ホテルの室内でオナニーの見せ合いを楽しむ。
それまで感じたことがない、強烈な猥褻感を感じ、激しく乱れてしまっていたのです。
その日のセックス、センズリ鑑賞も手伝ってか、何度もアクメを感じてしまっていたのです。
彼のオナニーを見た後の挿入が、やっぱり激しい。
私のオナニーを見て、猛烈に興奮していたのだそうです。
私も彼のものを受け入れて、すっかりとメスと化していました。
以来、トシ君とのセックスは、常にセンズリ鑑賞がついて回るようになりました。
彼も、とっても喜んでくれる。
私だってそのことで、しっかりと感じてしまう。
彼の性的なカラーに染め上げられていった瞬間になりました。

 

 トシ君とのエッチは、何時だってセンズリ鑑賞が付き物でした。
関係を持つたびに、とっても大きなオチンチンをシコシコとやっている姿を見る。
それによって、私も大きな興奮を覚えてしまい、淫らな気持ちをたくさん抱え込んでしまう。
すっかりと、こんな形のセックスに取り憑かれてしまったのでした。

 

 お付き合いが続いているうちは、終わりという事を考えることがありません。
当たり前のように、ずっと関係が続くものだと思ってしまいます。
トシ君との、お付き合いだってそうでした。
波長だって合うし、肉体的な関係もバッチリだと信じていました。
エッチするたびに、お互い大興奮。
2回戦、3回戦と求められてしまうことだってあるのだし、私が絶対に必要な存在だと感じていました。
私にだってトシ君は、今後も必要不可欠な存在だと考えていました。
だけど別れというのは、突然やってきてしまうものでした。
蜜月と思っていた関係だったのですが、終止符を打つことになってしまったのです。
精神的な寂しさはとても大きかったのですが、別れた後の肉体的な寂しさの反動が強烈でした。
お別れした後、時間が経過するにつれ、あの時の肉体関係が頭の中をよぎるようになりました。
もう、あんなエッチなことができないのか?
センズリ鑑賞出来なければ、あれだけの興奮と快楽は得られないのです。

 

 トシ君と別れた後も、別の方とお付き合いをしたり、行きずりの関係を持ったりもしました。
でも、ごく当たり前過ぎるセックスに、少しも納得することができませんでした。
私の体の中には、オナニー鑑賞というキーワードが、しっかり刷り込まれてしまっていたのです。
トシ君としたセックスを、再び味わいたい。
あの頃のような激しく燃えるような快楽を、また手にしたいと妄想が強まってしまっていたのでした。

 

 女の子の口から、絶対に言えない言葉です。
オナニーの見せ合いをしたいなんてことは。
でも、こういったプレイを楽しんでいる男の人も確実に存在はしている。
何とか、出会う方法とかないものか?
ネットで、セフレ探しをしなければいけないのか?
同じような性癖の人と知り合うためには、匿名性のあるネットの世界が一番なのは確実です。
一度もやったことがないセフレ募集ですが、性的な部分が一致する男の人を探す、こんな気持ちを強めてしまっていきました。
---------------------------
 Twitterの裏垢に目を付けました。
多くの女の子たちが、裏垢を作って、大人の発言をしている時代です。
こういう場所だったら、匿名性だってとても高い。
それに料金も必要なく、ユーザーも多くいます。
だから、私がやりたいプレイを理解してくれる、そんな男の人たちがいるに違いないと思いました。
妃菜乃の歪んでしまった性的欲望を満足させてくれる人との出会い、これを夢見て新規アカウント作成しました。

 

 思っていた通り、冷やかしのリプやDMはたくさんありました。
これは、ネットの世界には、切っても切れないものでしょう。
この辺は理解をしていたため、まだ我慢ができました。
粘り強く、ツイートを続けた結果、それらしき方との出会いにも恵まれました。
これでトシ君とした、猛烈な興奮が訪れる。
また、センズリ鑑賞で、乱れられるって思いました。
だけど…。

 

 Twitterで知り合った方なんだけど、ひたすら私のエッチな写メやムービーを要求してくるのです。
それも、何度も繰り返し。
なかなか、オチンチンをスリスリしている姿を見せてくれませんでした。
何度も繰り返し要求されてしまうものだから、さすがに私もこれはおかしいと思い、やりとりを中止しました。

 

 私にとても良いアイディアを授けてくれる女の子が現れました。
それはTwitterの本垢の方で仲良くしている、年上の人。
菜穂さんに、言われてしまったのです。
無料のSNSで出会いを探すことは、かなり難しいと。
私が知り合ったのは、エロ写メを収集する目的の、男の人だったようです。
悪用されてしまう可能性もあるため、決してそのようなことはしてはならないと言われました。

 

 オナニー鑑賞に対して、とても明るい話題を提供してくれました。
良い出会いの場所があると言われたのです。
ネットで人気が高い、出会い系サイトを利用することで、オナ見の通話が可能なのだそうです。

 

 人気出会い系サイトでは、男の人の質も高く、酷い思いをすることは殆んどないと言ってくれました。
関係を暖められれば、オフパコで男の人のオナニーを見ることも可能なのだと教えてもらい明るい気持ちになれました。
トシ君とやった、あのハレンチプレイがまた手に入る、これが分かって私の心は晴れやかになっていったのです。

 

 Twitterの本垢で仲良くしてもらっている、年上の菜穂さんが推薦してくれたのがハッピーメール、PCMAX、Jメールという出会い系サイトです。
女の子は完全無料で相手募集ができるから、複数の出会い系サイトを利用することが良いと言うのです。
複数を同時に利用して募集することで、好みのプレイを理解してくれる人との出会いの確率も高くなる。
これが無料でできてしまうのだから、確実にこの方法で募集をしてみた方が良いらしいのです。

 

 ユーザーが多いため、自分の目的の出会いを探すことは、決して難しいことではないそうです。
トシ君とした、あのスケベ過ぎるオナニーの見せ合いがまた自分のものになるかもしれません。
センズリ鑑賞無しでは、感じることができなくなってしまっている私の肉体と心。
満足させてくれる、男の人との出会いが出会い系サイトの中にはありそうです。
安全性は、菜穂さんがお墨付きだと言ってくれています。
彼女も利用して、怖い思いをすることもなく、魅力的な出会いを探せている場所なのです。
本当に、波長の合う人だったら、オフパコで、最近久しく感じていなかった大興奮を覚えられる可能性があるのです。
否が応でも、期待は高まっていきました。
ハッピーメール、PCMAX、Jメールの公式アプリを、スマホにインストールしました。
登録作業もすべて済ませ、募集開始することにしました。

 

 

名前:妃菜乃
性別:女性
年齢:20歳
 女の子は、彼氏に染め上げられちゃう部分ってありますよね。
私も、前彼の影響が色濃く残ってしまっているんです。
その人、私にセンズリ鑑賞させるのが大好きだった人。
男の人のオナニーなんて見たのは初めてでしたから、すごく衝撃的でした。
その姿を見ながら、一緒にオナニーを楽しんで興奮して、その後ひとつになっていくプレイをされてしまい、前彼のカラーが染みついてしまっていたのです。
男の人のオナニーを見ることの快感を、忘れられない状態でした。
今フリーで、彼氏もなし。
また、あんなプレーができないものか?
こんな妄想が尽きない状態に、なってしまっていました。